革選び

出来上がった初回サンプルを使用して1週間。
やっぱこれ便利ですね。
サンプル作る為に自分で作った最初のサンプルをHIS FACTORYさんに渡していたためかなりの不便を感じていました。

ポケットのサイズ、位地など細かい修正指示を渡して、ついに本番の革での制作です。
イタリア産のブッテーロやプレイドルレザー、ミネルバボックスを候補にあげていたんですが、
革の厚さ、カラーのバリエーション、品質を考慮の上、ミネルバに決定です。

<イタリアンレザー・ミネルバボックス>
ミネルバボックスは、バケッタ製法というイタリア古来のなめし技法で作ったタンニンなめしの革です。イタリアのバタラッシー社のタンナーが作っています。
使い込むことであらわれるオイルドレザーならではの大きな経年変化(エイジング)は、ミネルバボックスの大きな特徴です。時々濡れタオルで革全体を水拭きしてあげれば、艶と色の深みを増す経年変化を楽しむことができます。

img_carlo.png

 




どんな仕上がりになるのか、楽しみです。

Cmonoiブランドマネージャー
Sarcan inc. 代表取締役
ブランドマネージャー認定協会 認定資格取得

アーカイブ