商品化目指して、ブランドを立ち上げます!


仕事のことでいつも相談に乗っていただいている方がいます。外資系の企業の社長をされている方で私が最も尊敬している方です。

いつもの通りとあるカフェでお茶しながら仕事について話している時、その方から、カバーを商品化すべきだと言われたんです。

正直悩みました。

商品にするまでどれくらいの開発コストがかかるのか見えない上に、文具業界に無縁、販路も無い。
しかも自分が欲しくて作ったアイテム。確かに、いいですねという声はあったが、果たしてどれくらいのニーズが市場にあるのか?
同じようなモノが市場にほとんど見かけないのは確かだが、3つのことが考えられる。

・ニーズがなく、売れないから。
・すでに権利をどこかが持っていて、どこも開発出来ない。もしくはライセンスが必要。
・メーカーがそのニーズに気づいていない。


どれも仮説でしかありませんが、重い腰をあげられませんでした。
そのまま、たまに入る雑貨屋で似たようなモノがないかいつもドキドキして探しながらそのまま半年がすぎました。

そして、3月11日。東日本大震災がおき、東北地方の方に比べれば小さなモノですが、弊社も大きなダメージを受けました。いつ何が起きるかわからない状況で、なかなか前向きになれない。以前の状況に戻すことで精一杯の状況でした。
しかし、逆に自分の為に使う時間が増えたことで、自分との対話を続けていました。
・何をする為に独立したのか
・本当に自分が目指すモノはなんなのか
・今の自分に微力でも何かできることはないか

そこで、考えたのがノートカバー。
ノートカバーを作って売りだすという考え方を変え、
ノートカバーを作る過程、市場に出すことで何か貢献できることはないかと考えました。私が動くことで、ポジティブになる人が増え、小さくても新しい産業を生み出すことは出来ないかと。始まりは小さな貢献でも、いつかは大きくなるかもしれない。
なによりも自分の考えたこのカバーをみなさんに使ってもらいたい。そしてそんな商品を生み出したい。
私が幸せを感じることで、関わる人たちにも幸せを感じてもらえる、「仕合せ」を提供できるかもしれない。

そんな思い至りました。

ブランドマネージャーとして、クリエイターとして今こそ挑戦しようと思います、

Cmonoiブランドマネージャー
Sarcan inc. 代表取締役
ブランドマネージャー認定協会 認定資格取得

アーカイブ